壺、花器、置物、お人形等の直し

このページの器やお人形などは一番複雑な修理だと思います。単純に金継ぎで直せばいいものではなく物に合った修理方法をとります。例えば花器はメインは花なので金を入れてしまうと目立ちすぎるので金継ぎの代わりに銅で直したりもできます。またお人形は漆の他に樹脂などでもお直しが可能な場合があります。物の雰囲気に合わせて修理した事例を載せています。

上記に写真、下記に説明文を載せています。

afterの写真のみ拡大可能です


置物の角が折れた
角の接着

漆直し 種類 色漆使用  値段 5000円 期間 ~3ヶ月

牛の角が折れた状態です。修理方法は錆漆と色漆を使い素材とよく似た色を作り仕上げました。錆漆はパテのような漆なので隙間が出来ても埋めることが出来ます。


割れた人形
人形修理

樹脂直し+漆  青漆使用  値段 13000円  期間 ~3ヶ月

この様な割れ方のお人形は金継ぎで直すとどうしても目立ちますのでなるべく修理跡が分からないように樹脂と青漆を使い修理しました。腕の部分は樹脂で胴の部分は青漆で直しました。


バラバラに割れた壺
金継ぎをした壺

金継ぎ  消し金使用  値段 90000円  期間 ~6か月

バラバラに割れた状態で届きました。金継ぎがご希望でしたが目立ちすぎるかなと思いましたが、仕上げてみるとなぜかよく金が映えた感じになりました。土物なので厚さも十分あり修理後も花を入れたりすることが出来ます。


割れた壺
漆で直した壺

漆直し 赤色の漆使用  値段  18000円  期間 ~4か月

壺の素材は木です。その上に漆で加飾してある部分が剥がれた状態です。唐草模様のパーツを一つ一つ張り合わせて赤系の漆で色を作りつなぎ目が分からないように仕上げました。陶磁器に限らす漆器も修理できます。


割れた兜
金継ぎをした兜

金継ぎ  消し金使用  値段  8500円   期間  ~3ヶ月ですが季節ものなので調整可能

京焼の兜です。角の部分が割れてしまいました。よくある割れ方です。写真の兜は釉薬が付いていますが素焼きの兜も同じく金継ぎが可能です。複雑な形の物は消し金で直すと依頼品に無理がかからずきれいに直せます。



漆直し  錆漆使用   値段  35000円   期間  ~5か月

土物の鳥の置物です。表面は素焼きのような感じです。割れ方はバラバラで欠片もない部分がございました。

質感のよく似た錆漆で盛り上げたり無いパーツを作り漆を塗るのではなく錆漆に染み込ませ仕上げました。


角が折れたお面
角の金継ぎ

金継ぎ  消し金使用   値段  9000円   期間  ~3か月

香炉のお面の角が折れてしまい欠片が無い状態でした。錆漆を使いパーツを製作しその後金を蒔き仕上げました。

角の角度を付けるのが難しいです。


お問合せの方は下記のバナーをクリックして下さい。

金継ぎのお問合せ、お見積もりはメール、電話、ファックスで受け付けています。電話0761-78-0252


上記の修理事例の他、数点スライドでご覧いただけます