よくあるご質問

今までによくある質問をまとめてみました。「金継ぎに関する質問」「荷造り、発送に関する質問」「お支払いに関する質問」の順に載せてあります


金継ぎに関する質問


期間が長いのはなぜですか?

天然の漆は湿気を吸ってゆっくり乾く為、次の仕事に移るのに3日間はかかります。また、漆はゆっくり乾かした方が強度も増します。


錆漆や麦漆とは漆ですか?

両方とも漆ですが、漆の中に土や小麦粉が入っています。錆漆は欠けなどを埋める漆、麦漆は欠片を接着するための漆です。詳しくは金継ぎの説明をご覧ください。


金は本物ですか?

金、銀、プラチナ、スズ、銅は全て本物です。その為修理部分に口を付けても問題ございません。詳しい粉の説明はこちらから


金継ぎは漆を使いますがかぶれませんか?

修理の仕事では漆を使いますが、漆が一度乾けばかぶれることはないです。金継ぎ銀継ぎ等の金属系の修理は表面が金属の粉なのでその点でも漆が直接肌などに付きませんのでかぶれにくいです。金継ぎ教室など作業中はかぶれます。


修理できない物はありますか?

修理できない物はレンジや直火にかける器です。修理をした器はオーブンや蒸し器にも入れられなくなります。

また、ワイングラスのステムの部分は接着面積が少ないので修理後は使えません。飾りになります。


金継の再修理は出来ますか?

はい、出来ます。一度古い修理箇所をはがして再修理をします。単純に金などが剥がれただけでしたら、漆を塗り金などを蒔きなおします。


ボンドなどで付けた物は直せますか?

直せます。瞬間系でしたらお湯で煮ると簡単にはがれます。エポキシ系は強力なので剥がせない場合ははみ出したボンドを削り直します。修理代に+1500円ほど増えます。


金継ぎから銀やプラチナなどに作業中でも変更可能ですか?

修理の工程は最後の金属粉を蒔くまではどの仕上げ方も同じなので変更は可能です。もし、仕上げた後でも粉をはがせます。仕上げの料金だけ増えます

荷造り、発送について


決まった運送会社さんはありますか?

それは特にございません。十分梱包して送り頂ければと思います。小包や普通郵便での発送はやめて下さい

運送中に破損がありましても保険対象外です。


梱包などの他、気を付けることはありますか?

ご依頼品をお送りいただく前に器の写真を撮ってください。その写真はこちらにお送りいただかなくても大丈夫です。当工房に修理箇所以外に破損があった場合に、割れていない状態で送ったという証拠になりますのでお客様の所で保管していただければと思います。


梱包の仕方を教えて下さい。

梱包は重要な作業です。ガラス、グラスを送る際は特に気を付けて下さい。まず、プチプチなどで包んだからといって紙袋でお送りいただくと破損の原因になります。 梱包の仕方ですがご依頼品を新聞やプチプチなどで包んでいただきます。その後、依頼品よりをいれても箱にぶつからない程度のゆとりのある箱を用意していただきます。

ご依頼品を箱の真ん中に入れて、箱とご依頼品の隙間を新聞や緩衝材で埋めて下さい。

最後に箱を振ってみてコトコト器が動かなければ大丈夫です。伝票には「 ガラス われもの」と書いてください。


金継ぎ工房八木の受け取り時間指定などはありますか?

こちらの受け取り時間指定はないです。指定なしでお送りいただければと思います


ご依頼書などは必要でしょうか?

メール、お電話でお見積もりや修理方法などをお伝えしますので特に必要はございません。

お支払いに関しまして


いつお支払いをしますか?

お支払いは修理終了後にお願いしています。修理代+送料のお値段をお伝えしますので郵便局、銀行の口座にお振込みをお願いします。ご希望により代引きも可能です。(手数料がかかります)


カード払いは出来ますか?

申し訳ございませんがカード払いは現在できません。