金継の仲間 仕上げ方いろいろ一覧

金継ぎ工房八木では8種類の仕上げ方が出来ます。金継ぎの他に金属系では銀継ぎ、赤銅継ぎ、プラチナ継ぎ、スズ継ぎがございます。最後に漆を塗りなおす漆直しは5色用意しています。また、光沢の違う仕上げ方も出来ます。マットな感じの消し粉と艶のある丸粉を用意しています。器に合った修理方法を提案しています。


消し金

金継ぎでは一番多い仕上げ方だと思います。マットな感じに仕上がります。釉薬に関係なく仕上げることが出来ます。

消し銀

消し銀の色は白に一番近いです。その為消し銀+色漆で直色が出来ます。銀は時間が経つと渋くなります。渋い器などには合うと思います。

スズ

スズは粉の中でも一番粒子が荒いために、粉を蒔いた後は少しザラザラ感が出ます。土物などに合います。

消しプラチナ

プラチナは値段は高そうと思われがちですが金よりも安いです。色はグレーに近いです。銀と違い変色はしません。

参考例を見る


小皿に磨き金継ぎ

磨き金

磨き金は高級感があり金継ぎをしたぞ、とう感じがあります。料金は一番高いです。

磨き銀

光沢のある磨き銀は変化を楽しむ方法だと思います。変色した銀は磨きなおすことが出来ます。

 

磨き赤胴

磨き赤胴は渋さが特徴です。土物の花瓶などには特に合うと思います。磨き銀と同じく磨きなおしができます。

漆直し

金継ぎなどは金属の粉を蒔き仕上げますが、漆直しは表面が漆です。金属系と違った味わいがあります。


仕上げ方は以上の8種類です。

+さらに蒔絵を描いて遊び心をくわえても