金継ぎ  大中小 お皿類

金継ぎの依頼で来るお皿類はさまざまな大きさの物があります。大皿は接着の工程が難しいです。また割れ方により工程や金の量が多くなることがありますのでお値段の差が大きくなります。金継ぎなどの修理箇所が一番目立つ器です。

上記に写真、下記に説明文を載せています。

afterの写真のみ拡大可能です


割れたお皿
お皿のお直し

銀継ぎ 種類 消し銀使用  値段 9500円 期間 ~3ヶ月

サイズは15cm角くらいの小皿です。割れた数が多いので金継ぎと銀継ぎどちらにするか迷いました。完成後銀の方が模様を邪魔せずいいかなと思いました。


割れた中皿
割れた中皿の金継ぎ

継ぎ 種類 消し金使用  値段 11000円 期間 ~3ヶ月

直径25cmくらいのお皿です。金彩がしてあります。陶磁器の金彩は金継ぎの作業中にはがれやすく注意が必要です。このように金彩がある場合は磨き金よりも消し金の方が金彩を傷めずに金継ぎが出来ます。


お皿縁欠け
欠けたお皿の銀継ぎ

銀継ぎ 種類 消し銀+緑漆使用  値段 5000円 期間 ~3ヶ月

葉っぱの形をしたお皿です。欠けた部分のパーツがないため漆で作りました。銀一色では直した感じがして目立つために銀の上から緑の漆を塗り着色しました。そうすることで自然な感じになりました。


割れた小皿
小皿の金継ぎ

継ぎ 種類 消し金使用  値段 12000円 期間 ~3ヶ月

小ぶりの小皿です。縁が細かく割れています。一部欠片が無いため漆で作りました。色は黄色のお皿なので金継ぎがよく映えました。ここまで割れていても強度に問題がなくお使いできます。


割れた大皿
大皿のお直し消し金使用

継ぎ 種類 磨き金使用  値段 15000円 期間 ~4ヶ月

欠片がピタリと着き綺麗に割れていますので金継ぎの線が細く描けました。模様に金が少しかかっていますが特に違和感がないと思います。仕上げは磨き金仕上げです。


角皿の縁割れ
縁割れを金継ぎで修理

継ぎ 種類 消し金使用  値段 8500円 期間 ~3ヶ月

骨董のお皿で形がかっこいいです。角が欠けています。角があるお皿ではよくある割れ方です。写真では見にくいですが奥の角も欠けています。青色と金はよく合います


大皿の割れ
大皿の縁の修理

継ぎ 種類 消し金使用  値段 23000円 期間 ~4ヶ月

直径40cmくらいの大皿です。ここまで大きくなるとお皿自体の重みもあり持っての作業は力が要ります。一部ですが金彩が使われていたので消し金で仕上げました。大きな修理箇所は消し金と磨き金の差は大きくなります。


メールの方は下記のバナーをクリックしてください。

金継ぎのお問合せ、お見積もりはメール、電話、ファックスで受け付けています。電話fax0761-78-0252


金継ぎ、銀継、プラチナ直し、漆直しをした器をスライドでご覧いただけます。

お皿類以外でも金継ぎをした器の修理事例がホームやナビゲーションから見られます。