金継ぎ コップ 湯呑み

コップ、湯呑みの金継ぎを紹介します。特に多いのがコップの取っ手が取れた物です。この場合、金継ぎ又は取っ手を削り湯呑の様にすることが出来ます。取っ手に関する説明は事例集一番下に詳しく載せてあります。金継ぎをした部分にも口を付けることが出来ます。

上記に写真、下記に説明文を載せています。

afterの写真のみ拡大可能です


割れた湯呑み
金継ぎの湯呑み

金継ぎ 消し金使用 料金 6000円 期間 ~3ヶ月   東京のお客様の厚みが薄い湯呑みですが、金継ぎ後使用は可能です。釉薬が付いている部分とザラザラした部分があっても問題なく直せます。


割れた湯呑み1
銀継ぎの湯呑み

継ぎ 消し銀使用 料金 8000円 期間 ~3ヶ月  福岡県のお客様の土物の湯呑みです。金継よりも涼しげな銀継にしてみました。銀は徐々に渋くなってきます。


カップ
金継をしたカップ

金継ぎ 消し金使用  値段 3500円  期間 ~2ヶ月

緑の器と金継ぎはとても映えると思います。縁が欠けていますので錆漆で盛り上げて消し金仕上げで直しました。


割れたカップ
割れたカップに金継ぎ

金継ぎ 消し金使用  値段 9000円  期間 ~3ヶ月

器の色を見ましてプラチナと金で迷いましたが金で仕上げました。持ち手が広いので持ち手の中に手を入れてカップを持ちお使いできます。陶器の飴釉薬の色が漆直しの溜色と似ていますので漆直しでも面白いです。


カップ
金継ぎのカップ

金継ぎ 消し金使用 料金 4800円 期間 ~2ヶ月   コップのサイズに対して持ち手の接着面積が狭いために強度が心配なために削りました。修理後は強度を気にせず使えます  下記の取っ手が取れた時は?も参考に


割れた湯呑みに金継ぎ

金継ぎ 消し金使用  料金 8500円 期間 ~3ヶ月  表面が少し金属光沢のある湯呑みです。触った感じ少しザラザラしています。器に銀彩がしてありましたが金継ぎで仕上げました・


取っ手割れコップ
銀継ぎの取っ手

継ぎ 消し銀使用 料金 5800円 期間 ~2ヶ月   こちらは持ち手を銀継で直しました。金継ぎ、銀継ぎ

強度はどちらも同じです。 下記の 取っ手が取れた時は?も参考に。


割れたコップ
割れたコップに漆直し

漆直し 青漆使用 料金 9000円  期間~3ヶ月   器の色が青系でしたので青漆を選択しました。金継ぎもいいですが同系色なので違和感がないかなと思います、表面強度は金や銀など金属系よりも漆だけの方が強いです


割れたコップ
直したカップ

漆直し 溜漆使用 料金 5800円 期間 ~3ヶ月   陶磁器の修理は金継ぎなど金属の粉を使う方法と漆だけで直す漆直しがあります。漆直しの色は大体5色ほど対応できます。


縁欠け湯呑み
縁の金継ぎ

金継ぎ 磨き金使用 料金 8000円 期間 ~3ヶ月   東京のお客様の湯呑みです。金継ぎで使う金の粉は二種類あります。消し金と磨き金です。磨き金は金の量と工程が多いので消し金よりも割高になります。金の層が厚い分美しい金の光沢が得られます。

 


割れコップ
湯呑み金継ぎ

金継ぎ 消し金使用 料金 9500円 期間 ~3ヶ月   金継ぎの色が合う器だと思います。表面がザラザラした感じの釉薬は消し金の方がきれいになります。


カップの取っ手が取れた時は?

マグカップやカップ類の金継ぎ修理等で多いのは取っ手が取れてしまったご依頼です。

特に洋風のカップ類は持ち手が小さいさく、接着面が少ないため金継ぎをした後、持ち手を持っての使用は安全を考えてお勧めしていません。 デザインのバランスにより取っ手を付けて金継ぎをした場合はカップ部分を持ちお使いください。

また、金継ぎをしたことに気づかず、持ち手を持ってしまいそうという方には、持ち手をキレイに削る方法も出来ます。下記の写真の様にバランスを考えて違和感のない部分まで削ります。  断面は金や銀、プラチナの色が入ります。 削ることにより小鉢などとしてもお使いできます

奥が金継ぎ、手前が削る方法で直しました。
奥が金継ぎ、手前が削る方法で直しました。

また、このように割れた場合はあえて取っ手上部を残す方法


写真の様に取っ手上部が少し残っている場合は、取っ手の下だけ削り上部は残すことも出来ます。

上部だけを金継ぎすることにより指が引っ掛かり少し安心感があります。


金継ぎお見積もり、お問合せは下記よりお願いします。

お問合せ時に4点教えて下さい。

①器のサイズ、器の種類(お皿、お茶碗、花瓶など) ②割れた欠片の数 例)3×3cmが3個と1×1cmが2個など ③ヒビの有り無し ④器に対して何割ほど割れているか? 例) 割れている部分は全体の4割ほどです。等

 

 

 

写真を送られる場合) メールフォームからはお送りできませんので、こちらから返信したメールにお送りいただくか、お手持ちの携帯にkae94baru55@gmail.comを直接ご入力いただきお送りいただければと思います。

 

お問合せ 

 

☎ 0761-78-0252  又は携帯 080-1956-1983

 

メール kae94baru55@gmail.com

 

〒 9220103 石川県加賀市山中温泉長谷田町り-313-2

 

八木茂樹まで

プライバシーポリシーはスパム対策で設置しています。お手数ですがチェックを入れて送信して下さい。

 

メモ: * は入力必須項目です


金継ぎ、銀継ぎ、漆直しをした器をスライドでご覧いただけます。

カップ、湯呑みの金継ぎの他に様々な器の修理事例を載せています。ホームやナビゲーションから見られます。