金継教室後のフォローアップ

金継教室受講後よくお問い合わせいただく内容をまとめています。



長時間作業をしなっかったらチューブの蓋が開かなくなった

無理に開けるとチューブが破れます。蓋を正面に向けます。チューブの上の部分の角を持ちます。ペンチなどで

蓋を挟み蓋を反時計回りに少しづつ回してください。長時間金継作業しない場合はたまに蓋を開け閉めしてください。


錆研ぎではきれいに見えたのですが白漆を塗ると凹凸だらけです

凹凸が確認出来たら、その部分に錆を薄く塗ってみてください。その後耐水1000番で研ぎもう一度白漆を塗ります。それでも凹凸が直らない場合はこの同じ工程を繰り返してください。


マスキングを剥がすとき錆の部分も少し剥がれてしまった。

剥がれた部分にもう一度錆を入れてください。少し剥がれた場合ヒノキへらでしたら細かく塗りにくいと思います。その場合は竹串ヘラを作りはみ出さないように塗ってください。


金継ぎの仕上げの時、漆の量が多すぎて金が沈みムラがでました。

金を蒔いてしまった場合はムラが少ないと思った場合20分ほどそのまま放置してもう一度金を蒔いてください。

漆が厚く沈み込みが多い場合はそのままゆっくり乾かして、完全に乾いてから1000番できれいに研ぎもう一度仕上げの工程をします。塗厚には気を付けてくださ。


粉を蒔きましたが水洗いをしても取れません。

磁器など表面がツルツルした器でしたら簡単に取れますが、ザラザラした感じの器でしたら絵の具用の少し固めの筆に石鹸をつけて泡立てながら洗い流してください。